読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこブログ

我が家の猫、読書、料理の話題を中心に投稿します。

1月読んだ本まとめ

2016年1月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2120ページ
ナイス数:322ナイス

世界の果てのこどもたち世界の果てのこどもたち感想
それぞれの国の立場、正義の元に争いが起こる。その傷跡は計り知れないものがあったのだと痛感。家族を守るため、酷ければ保身で人を傷つけてしまう己を改めて見つめ直すきっかけとなる作品。「戦場のコックたち」も重かったが、こちらも相当に重い。
読了日:1月30日 著者:中脇初枝
伝え方が9割伝え方が9割感想
本書でことばを大切に扱う意識を持つことが大切と感じました
読了日:1月30日 著者:佐々木圭一
ヨイ豊ヨイ豊感想
浮世絵の終焉、清太郎の葛藤、江戸から明治へと移る世の中を興味深く読ませてもらった。江戸町民から薩摩ものの捉え方が新鮮だった。時代は移ろうんだな。
読了日:1月26日 著者:梶よう子
1億稼ぐ 営業の強化書1億稼ぐ 営業の強化書
読了日:1月21日 著者:市村洋文
つまをめとらばつまをめとらば感想
154回直木賞候補全部読んだ中で一番地味な印象でした。時代小説に読みなれてないので、文字から情景や人物描写を把握するのに時間がかかるからでしょうかね。女性の捉え方に感心する一冊。
読了日:1月19日 著者:青山文平
9595感想
主人公、作家は1977年生まれ。自分は1976年。物語で語られた1995年を自分の思い出も振り返りながら読んだ。楽しい時間旅行ありがとう。
読了日:1月14日 著者:早見和真
戦場のコックたち戦場のコックたち感想
戦争と推理を掛け合わせた物語が進んでいくのを傍観していたら、第五章でグッと引き込まれた。エピローグは重たいが、混沌としている世界情勢の中でこの本を読めたのは良かった。多くの人が手に取ってくれると良いなと思う一冊。
読了日:1月10日 著者:深緑野分

読書メーター