読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まこブログ

我が家の猫、読書、料理の話題を中心に投稿します。

第20回かすみがうらマラソン

先日4月18日、 第20回かすみがうらマラソンに参加、無事完走してきました! タイムはプライベートタイムで4時間37分43秒。5時間以内(ランナーの間ではサブ5って言う)を目指してましたが目標も達成!我ながら良く頑張ったと思います。今回は自分を褒めたいと思います(笑)。
人生で初めての初フル、一度しか味わえない事なので記念に走りながら写真も撮ってみました。
基本的には1キロ毎にあった距離表示を撮ってます。


分かりにくいけどスタート地点。先頭ランナーがスタートしてから自分がここを通過するまで10分くらいかかった。

1キロ地点。晴れてるけど風がちょっと冷たい天候。

2キロ地点。土浦市街地をしばらく走る。

3キロ地点。まだまだ土浦市街地、道が広い。

4キロ地点。土浦市街地、声援も多かった。

5キロ地点。ちょっと手前に最初のエイドがあって水分補給をすませる。

6キロ地点。沿道の声援は太鼓や鳴りものをつかった賑やかな感じ。

7キロ地点。上り坂だけどまだまだ楽勝。たしかここの陸橋の下は電車が走ってた。

8キロ地点。これを5倍で40キロなんだとふと感じてた。

9キロ地点。この大会は盲人ランナーもいるのだけど、伴走してる人が「かるく上りですよ」とか声かけながら走ってた。
コミュニケーション大切なんだろうな。あと、伴走者が他のペアを見つけたら声を掛け合ってるのもなんか良いシーンだと思った。

10キロ地点。スプリットタイムは1時間12分50秒。入りの10キロは集団の中で力み無く走れて快調でした。

11キロ地点。この辺から道が細くなってかすみがうら市街地に向かいます。

12キロ地点。男子ランナーの立ち小便が目立ち始める…。<br>仮設トイレあるのに立ち小便するのは余程の急を要するか、トイレ待ちのタイムロスを防ぎたいかだと思うのだけど、もし、後者ならなんか情けないわ。

ランナーで隠れちゃってるけど、風船つけてるランナーが5時間でゴールするペースランナー。周りのランナーに給水勧めたり等色々と気遣ってそうな雰囲気だった。

13キロ地点。5時間のペースランナーを追い越せた事だし次は4時間のペースランナー見えるまで頑張ろうと呑気に考えてた。
この時は…。

14キロ地点。この頃は子供達の声援には笑顔で手を振ってた。

15キロ地点。ゆるやかな上り坂が続いてたけど、登りは好きなのでまだまだ楽勝。

16キロ地点。この辺でかすみがうら市庁舎を通り過ぎたはず。

17キロ地点。当日の気温は7.3度。陽が出てても風が吹くと結構寒かった。<br>私設エイドで貰った飴が気分転換になって助かった。<br>この後もエイドには大変お世話になった。

18キロ地点。気付いたら随分ランナーばらけてる。

19キロ地点。さすがにあまり変わらない風景に飽きてた。

20キロ地点。通過タイムは2時間13分46秒。スプリットタイムは1時間56秒。

ようやく景色変わって城が見えてきた!これでちょっとテンションあがった。

21キロ地点。ずっと6分/kmペースで刻むようにしてて、ここまでは大体計画通り。作戦だとこの後、30キロ過ぎから5分台/kmにするつもりだった。

中間地点。まだまだ元気だった。

霞ヶ浦が見えてきた!…しかし、あんまり感動無かった。

折り返し地点。中間地点との違いが良くわからんかった。

折り返し地点のランナー達。

22キロ地点。あと20キロちょい!え、あと20キロもあるのか!?やや途方に暮れる。

23キロ地点。この手前で応援船を利用して駆けつけてくれた友人が迎えてくれた。元気復活。

24キロ地点。

25キロ地点。この辺から段々辛くなり始める。

26キロ地点。30キロまでは我慢、そこからラストスパートだと言い聞かせる。

27キロ地点。

28キロ地点。

29キロ地点。だんだん写真撮るのも面倒というか辛くなってきた…。

30キロ地点。ラストスパートをかける筈だけど、体力的にしんどくて、とてもじゃないけど無理だった。

31キロ地点。もうエイドだけが心の支えに。

32キロ地点。段々歩く始めるランナーが増えてきた。

33キロ地点。残り10キロを切って少し持ち直せるかと思ったけど、やはりジリ貧。

34キロ地点。エイドでは水、アミノバリュー、飴、バナナ、オレンジ、チョコ、パンなど色々頂いた。チョコやパンはスタミナ回復良いと思ってたが、想像以上に口が渇いて大変だった。

35キロ地点。もう歩かない事だけを決意して、ひたすら我慢。

36キロ地点。

37キロ地点。残り5キロ、この距離はいつもならお手軽なんだけど、やはり持ち直せず。

38キロ地点。

39キロ地点。まだ3キロもある、死ぬー。

40キロ地点。沿道の人が増えてきて、いよいよゴールが近いと感じるも歩きたくて仕方ない状態。

41キロ地点。

残り1キロ地点。まだ1キロもある…。ホントにしんどいとしか思う事が無かった。

ようやくゴールゲートが見えてきた、ここで初めて安心。しかし、満足感や達成感はこの時点ではそれほど無かった。

これが完走証。すぐ貰える大会は今回が初めてだったけど、これはすごい嬉しいサービス。参加料がちょっと高くなっても良いから完走証を即日配布してくれる大会が増えてほしい!

完走証を貰った後、ものすごい立ちくらみでダウン。少し休んで回復したものの、着替えて靴を履き直す時に足が吊って大変だった。結局、靴は応援に来てくれた友人達に履かせてもらった。フルマラソン初めての人は絶対に一人きりで参加しないほうが良いと強く思ったわ。友人達に感謝。

ゴールして応援に駆けつけてくれた友人達と話すとみんな「応援船また乗りたい」「応援ポイントが分かった」「来年は前泊しよう」等々、来年の話で盛り上がってたが、完走直後の自分はもうフルは勘弁したいと心の底から思った。
しかし、少し時間が経って完走証や写真を見ると徐々に達成感と満足感がこみ上げてきて、気がつくと次こそは4時間切り(サブ4)したいと思い始めてます。次回のフルマラソンはまだ特に決めてないけど、そのうちきっと再びフルマラソンに挑戦すると思います。
フルマラソンの魅力って実はあんまり分かってないのだけど、自分の一歩が確実にゴールに向かってる所が良いのかもな。

この大会で良かった点
-駅から会場までの順路が分かりやすい
-車でも8時前に土浦駅周辺にいれば有料駐車場が狙えそう
-貴重品預りもあった(自分は利用しなかったので詳細は分かりません)
-沿道の応援、エイドにとても助けられた!
-後半が平坦なコースなので走りやすいほうだと思う
-記念品の帽子やTシャツがしっかり作られてて日頃の練習で使えそう!
-完走証即日配布は素晴らしい!