まこブログ

我が家の猫、読書、料理の話題を中心に投稿します。

11月読んだ本まとめ

11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:2060
ナイス数:115

三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)三国志(3)(吉川英治歴史時代文庫 35)感想
呂布の最期、曹操の勢い、玄徳の猿芝居、敗走。曹操関羽のやりとりは曹操の違った印象を持て、興味深く読んだ。張遼の存在も両者の関係に大きく寄与しましたね。ここまで玄徳に才を感じるシーンが少ないが今後いかに。
読了日:11月02日 著者:吉川 英治
三国志(4)(吉川英治歴史時代文庫 36)三国志(4)(吉川英治歴史時代文庫 36)感想
曹操は冷酷な面を見せつつも、郭嘉など忠臣に恵まれ、北方平定。なかなか優れた武将であり政治家だ。仁義にこだわる玄徳とたびたび描写があるが、どうも筋が通らない意固地な印象。この巻から諸葛亮孔明が登場するが、関羽張飛徐庶も含め、どうして皆、玄徳にそこまで惹かれたのか。この吉川英治文庫からは現時点では理解しがたい。
読了日:11月07日 著者:吉川 英治
三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37)三国志(5)(吉川英治歴史時代文庫 37)感想
長坂橋での趙雲大活躍で危機を脱した玄徳。孔明の神がかり的な活躍で赤壁の戦いで実質大勝利。敗走する曹操が開き直る度にダメ押しが入った件はもうコント。周瑜が意固地で残念な描かれ方。本書では曹操は好かれる悪役を好演している印象。
読了日:11月12日 著者:吉川 英治
三国志(6)(吉川英治歴史時代文庫 38)三国志(6)(吉川英治歴史時代文庫 38)感想
吉川三国志は玄徳を一貫して優柔不断な将と描いている気がしてならない。曹操は年を取って妬みが強くなってきた。盛者必衰を感じる。
読了日:11月21日 著者:吉川 英治
青が破れる青が破れる感想
「文藝」にて読了。漢字の振り方が独特ですね。ボクシングなど新鮮な描写もありました。
読了日:11月21日 著者:町屋良平

読書メーター

ちょい辛な、バターチキンカレー

f:id:m3note:20161123211126j:plain

久しぶりにバターチキンカレー。

鳥もも肉は、ヨーグルト、油、カレー粉などで揉みこんで半日ほど寝かしました。

 

よく考えたら、潰したトマト以外は野菜が入っていないカレーです。

温度管理が大切、かぼちゃのドーナツ

f:id:m3note:20161120162334j:plain

油で揚げるのってどうも苦手ですが、ドーナツは大好き。

出来立てのサクッとした食感のドーナツを食べたいという欲が面倒を上回った今日。

試したのはこちらのレシピ。

 

今回は温度計を片手に160〜170度でじっくり揚げました。温度、重要ですね。

見栄えはイマイチだけど、出来立てのドーナツは美味しい!

手間をかけただけあります。

 

苦手意識が少し解消しましたよ。

 

定番になりそう、はちみつヨーグルトケーキ

1歳になった息子のおやつにも良さそうなケーキに挑戦。

材料を足しては混ぜるだけ、とても簡単でした。

f:id:m3note:20161113195216j:plain

バター使ってないので、調理道具を洗うのも簡単。

パウンドケーキ型、ホールケーキ型と試してみたけど、どちらでもいい具合。

息子も気に入ったようです。

f:id:m3note:20161113195433j:plain

マフィン型もいいかも。

 

 

 

久々の、バナナシフォンケーキ

f:id:m3note:20161107071509j:image

猫の通院やゴルフ練習でバタバタして久しぶりのお菓子作り。

バナナ3本をピューレにしてどっさり投入。

うちのオーブンだと、型も含めて余熱。じっくり低温で焼き上げるのが上手くいくコツの様だ。

 

我が家のテレビ、レグザなんだけど録画番組がタイムシフト分も含めて全部再生できない状態になって、ハードディスクだめになったかーと思ったら、日が変わったら問題なく再生できた。

テレビ側の基盤関係だとハードディスクより面倒そうだから、このまま何事もないといいなぁ。

10月読んだ本まとめ

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1701ページ
ナイス数:169ナイス

三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)三国志 (1) (吉川英治歴史時代文庫 33)感想
紙芝居的にテンポよく話が進んでいるが、劉備はまだまだ駆け出しってとこでしょうか。
読了日:10月5日 著者:吉川英治
祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)感想
ここ最近読んだ東野圭吾作品の中では頭一つ抜けた読み応え。結末自体はやりきれない気持ちが残るが真実に向かう過程が丁寧かつ面白い。また登場人物の心理描写にも共感でき、最後まで一気に読み進められた。共感できるからやりきれなさも感じるわけだけど…。あと、著者は原発に対し一家言を持っているんですね。
読了日:10月9日 著者:東野圭吾
校閲ガール (角川文庫)校閲ガール (角川文庫)感想
一見分かり難くく、堅苦しいイメージの「校閲」を面白く描かれています。頁数は少ない方ですが、作家の方の引き出しの数に驚かされます。ドラマもいい塩梅でまとまってますね。
読了日:10月14日 著者:宮木あや子
三国志 (2) (吉川英治歴史時代文庫 34)三国志 (2) (吉川英治歴史時代文庫 34)感想
似た名前の登場人物が多いのと、それぞれが波瀾万丈すぎて、なかなか全体が把握できない。それにしても主要人物が何度も危機一髪を乗り越えるのは漫画チックですね。王允の最期は身を賭した貂蝉が不憫に感じました。
読了日:10月22日 著者:吉川英治

読書メーター

結構甘い、人参スティック

f:id:m3note:20161016194717j:plain

日曜朝からお菓子作りに精を出しました。

 

左側がメープル、右側は人参のクッキー。

 

人参スティック、やってみたら美味しくてハマりました。

全粒粉と薄力粉が各50グラムに対し、きび砂糖20グラム。キャノーラ油を30グラムくらい入れた後にすり下ろした人参50グラムだけ。

人参が入るからか、他の生地と比べて、オーブンはあまり温度を上げずにじっくり焼き上げる感じです。うちは150〜160度で40分くらい。

うちのオーブンは中心がなかなか焼けないので30分くらいでいったん取り出して、周りの焼けた分を除いて中心分だけ焼くようにしてます。

 

こうして焼き上げたクッキーを食べながら、ゴルフ、野球、真田丸とテレビをだらだらと眺めた1日が終わろうとしてますよ。